HOUSE
MAGAZINE家づくりマガジン

  1. はじめまして♪
LINE

はじめまして♪10月からダイシンホームで働かせていただいてる石川です。
今回は自己紹介もかねて、私の趣味について書きたいと思います。

まず、私の趣味の割合はこのようになっています。

サーフィンは始めて10年以上経ちますが、海にぷかぷか浮いているだけで満足な正真正銘の丘サーファーなので、それを語る資格もなく...
カフェ巡りについては、おすすめのお店が沢山ありすぎて、すぐにはしぼれないので、のちのち発表させていただくとして...
人間観察に関しては、わざわざここでお話させていただく内容ではないので....w

今回は、趣味の60%をしめるフラダンスについて少し書きたいと思います。


皆さん、フラダンスと聞いて思い浮かべる光景は?

こーんな光景を思い浮かべた方!



これは、タヒチアンダンスです。

私もよく、フラダンスをやっていると話すと
「あ~、あのココナッツ姿で腰フリフリするやつでしょ!?」
と、言われますが、完全にその方は、先ほどの画像のようなタヒチアンダンスをイメージされているようで...
勘違いされてる方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

ちなみに私は、フラダンス、タヒチアンダンスどちらも習っているのですが、実際全く違う踊りなのです。


ざっくり説明しますと、フラダンスは、ハワイで生まれた踊り。
タヒチアンダンスは、タヒチで生まれた踊りです。

比較的、タヒチアンダンスはドラムの音に合わせて踊るオテアという激しい踊りが有名です。
男性が踊るファイヤーダンスもこれにあたります。(おそらくですが...)
もう一つは、もう少しゆったりとした音楽にあわせて踊るアパリマという踊りがあります。
オテアの衣装よりも露出は控えめですが、体のラインがしっかりとでるセクシーなものが多いです。
例えばこんな感じ

どちらにしろ、タヒチアンダンスをするには、こういった衣装を着る勇気と開き直りが必要ですねw


そして、フラダンスにはよく皆さんが思い浮かべるスローな踊り、アウアナ(現代フラ)

こちらは、フラに興味がなければあまり見る機会がないかもしれませんが、カヒコ(古典フラ)

二種類があります。

静止画なのでわかりにくいかと思いますが、アウアナとカヒコでは、衣装・音楽・メイクが全く異なります。

フラは、ある意味手話のようなもので、昔、言語のなかった時代にハワイの歴史を受け継いでいこうと
歌と踊りで表現したといわれています。(私も勉強中の身ですので間違っていたらごめんなさい)
そのため、手の動き(ハンドモーションといいます)は歌の意味を表現しているため、踊りを見て、歌の内容がわかったり。

現代フラであるアウアナは、恋愛の曲が多く、衣装やメイクも華やかだったりします。
それに比べ、古典フラであるカヒコでは、ハワイにまつわる神様や王室をたたえた曲が多く、メイクはナチュラル(スッピンだったり)、衣装も自然の物を使ったり(ハワイでは葉っぱなど編みこんで自分で作ったりします)
比較的落ち着いた色目のものが多いです。


以前、私も大会に出る為、首に飾るお花(レイ)を作成しましたが、およそ5時間くらいかかった上流血するという、大変な作業でした。


その時に作ったものです。

フラで着る衣装や、レイは、曲の歌詞にあわせて選びます。
歌詞には、ハワイの植物がよくでてくるのでそれに合ったレイや髪飾りを選ぶのですが、ハワイの植物なので、日本で咲いていないものは日本に咲いているもので代用したり、コンペティション(大会)では、衣装が採点にも入る為、ハワイから直接取り寄せることもあります。


いかがでしたか?
少しはフラについて興味を持っていただけたでしょうか?
興味のない方には、ただ熱いだけの内容になってしまいましたがw
まだまだ語ればきりがないので今回はこのへんで♪

最後に、石川が踊ってる写真は?
という声が、あったりなかったり。。。。ないですがw
載せます。w

毎年8月に吉良ワイキキビーチで開催されるハワイアンフェスティバルに出演した時の写真です。

ちなみに右端です。
これくらいの大きさがちょうどいいですw。




それでは、これから宜しくお願い致します♪(*^_^*)










Twitterでシェア facebookでシェア

マガジン一覧に戻る

CONTACTご相談・お問い合わせ

モデルハウスの内覧申込みやイベント参加を
お待ちしております。
お気軽にお問い合わせください。

tel0120-395-406

受付時間 : 9:00 〜 18:00 (水曜定休日)