パナソニックのキッチンが22年8月からリニューアルするということで、パナソニックの新キッチンのポイントを紹介していきます。

ダイシンホームではパナソニックのキッチン「ラクシーナ」を標準採用しており、皆さんにいち早くリニューアルする内容をお伝えしていきます。

昨今はリビングとキッチンが繋がっていることも多く、LDKのデザイン性を大きく左右するポイントになってきます。

それでは、今回の記事の要点をまず見ていきましょう。

  

  
 ・扉の意匠性UP!部屋全体のインテリア性を上げることができます。
   
・ダークグレー・ミドルグレーのカウンターで高級感UP。
   
・ブラック系のコーディネートでシックなインテリアにも対応できます。 
  
・キッチンに合わせた新しい収納部材の追加があり、ダイニング周りをキッチンのコーディネーター  に合わせることができます。
  
・ダイシンホームでは、パナソニックの住宅設備がオトクに。
   

   

1.キッチン扉の意匠性

キッチンの扉色はキッチン~ダイニングの意匠性に大きく影響します。

特に対面型キッチンの場合、扉色がダイニング側へそのまま表れるため、ダイニングから見た時の印象を華やかにしたいと思うと、このキッチンの扉柄にこだわりたいところです。

  

出典:パナソニック資料

  

特に今回のモデルチェンジで従来、高級シリーズのLクラスにしかなかった「細框仕様の扉柄」が追加され、コーディネートの幅が広がりました

ただ扉グレードが従来4段階でしたが、今回の細框仕様は5番目のグレードとして追加され、価格は一番高い価格帯になっている点が注意です。

もっとも、キッチン自体をLクラスにすることに比べれば安く済むため、標準グレードのラクシーナで選べるラインナップが増えたことは有難いポイントですね。

  

出典:パナソニック・HP

  

こちらの事例のように、カフェ調・ビンテージ調のインテリアに仕上げていきたい方にオススメのコーディネートです。

  

2.ダーク系のカウンター色追加

従来のラクシーナの人工大理石カウンターでは、ホワイトやクリーム系の色など明るい色がベースで、

グレー色もそこまで濃いグレーではなかったため、扉色と合わせてブラックをベースにしたインテリアにしたい方はLクラスになっていました。

  

出典:パナソニック資料

  

今回カウンターで、ダークグレーミドルグレーのラインナップ追加がありました。

特にダークグレーは、ほとんど黒に近いマットなカラーになっている点と、エンボス加工(浮き出し加工とも言い、表面に凹凸を付ける加工)でキズなどが目立ちにくい仕様になっています。

キッチンカウンターは、包丁での作業他多くの作業を行うため、このようなマット色はインテリア性と同時に機能面からもオススメなポイントです。

  

3.ブラック系のコーディネートでシックなインテリアにも対応

 

出典:パナソニック資料

  

ラクシーナはモデルチェンジで、カウンターだけでなく部材についてもブラック色の取り揃えができました

パナソニックならではの、調理家電を使う時に便利なクッキングコンセントや、ライン取手も統一してブラック系統のコーディネートができます。

扉色を濃い目にしたいとき、もしくはホワイトやグレー等のモノトーンでスタイリッシュにまとめたい時にオススメです。

   

4.キッチンに合わせた新しいファニチャー部材

 

出典:パナソニック資料

  

つづいてはキッチン本体ではなく、キッチンとコーディネートを合わせることができる収納家具の紹介です。

ダイニング周りはどうしても散らかりがちなもの。

そこで便利な、家具のようにコーディネートできる収納部材です。

キッチンの扉柄やカウンターで同質の素材を使うことで、統一感のあるコーディネートが可能になっています。

ダイニングの作業台やお子さんの勉強机として、カウンターを設けてもオシャレに納まります。

  

出典:パナソニック資料

  

そしてダイニング側の収納が欲しい方へのオススメは、「オープンドロワー」です。

お皿など、しまった場所や収納している種類が一目でわかるような引き出しになっています。

収納内部も木目仕上げとなっているため、家具のような高級感があります。

そして机として使うカウンターを設けたい方の足元は有孔ボードでの納めも可能になっており、小物を掛けて収納できます。

掛けるものがなくても、デザイン的にもカフェのようなインテリアになり、オシャレに使えますね。

  

5. ラクシーナのプラン例と設計ポイントを解説

それでは、新ラクシーナを使ったプラン例と、オシャレに見えるポイントを解説していきます。

インテリアに迷っている方はぜひ参考にしてください。

  

5-1. カフェ風の壁付けプラン1

  

1つ目は、新しい細框タイプの扉柄でコーディネートした事例です。

全体的には、かわいらしい洋風のインテリアになっており、キッチン左側のアーチ形開口とよくマッチしています。

紹介したキッチン型のファニチャーも併設しており、家事の合間などにPC作業を行ったり、書き物などの作業スペースとして便利な間取りになっています。

フローリングのカラーもキッチンの扉色や全体の雰囲気に合わせたホワイトオークでコーディネートしており、流行りのトレンドがふんだんに詰まっています。

  

<採用している仕様>

ラクシーナ / Ⅰ型 壁付けプラン / 扉柄:CP50 モイストホワイト / カウンター:フリオダークグレー / サイズ:2715×650mm / 定価:約259万円(税抜 約236万円)

  

5-2. 飽きのこないシンプルな対面型キッチン

  

こちらも今回追加された扉柄を使った事例です。

この扉柄はもっともコストが安いグレードですが、安っぽく見えないカラーで今後人気が出そうなカラーではないでしょうか。

やさしく落ち着いた色が特徴で、ライト色~ホワイト色のインテリアスタイルで、コストを抑えたい方にオススメです。

  

<採用している仕様>

ラクシーナ / Ⅰ型 造作対面プラン / 扉柄:CD10 グレイッシュグリーン / カウンター:グラニュールホワイト / サイズ:2550×650mm / 定価:約185万円(税抜 約168万円)

  

5-3. ビンテージ調のアイランド型キッチン

  

アイランド型キッチンで、ダイニング側も新色の扉柄を活用している事例です。

シックなビンテージ風のインテリアに、細框扉がアクセントになっています。

昨今はマット調のカラーがトレンドになっており、カフェ風のイメージに仕上げたい方にオススメです。

  

<採用している仕様>

ラクシーナ / Ⅰ型 フロート対面プラン(アイランド) / 扉柄:CP50 フォググレー / カウンター:フリオ ダークグレー / サイズ:2596×933mm / 定価:約306万円(税抜 約278万円)

  

6. ダイシンホームではパナソニックの水まわり設備がオトク

ダイシンホームでは、テクノストラクチャー工法を採用していることもあり、水まわり設備機器の標準仕様ではパナソニックを標準的に採用しています。

一般的には、他の機器メーカーに比べて安くはないものの、品質には定評があるパナソニックですが、ダイシンホームでは標準的に採用しているからこそ、お値打ちな価格で納品してもらっています。

他のメーカーの設備機器ももちろん採用できますが、コストと品質から見ると、ダイシンホームではパナソニックが一押しです。

キッチン以外でも、住宅設備のご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

Recommendおすすめ記事