今回は、家づくりを検討し始めると、たまに耳にする「一次エネルギー消費量」について、できるだけわかりやすくお伝えしていきます。

 

断熱で失敗しないコツは?高断熱の効果と愛知県の最適バランスを探ると合わせてご覧いただくと、より効果的に住宅の省エネ性について理解が深まります。

光熱費を節約したい!と思っている方は必読の内容です。

 

それでは、今回の記事の要点をまずみていきましょう。

 

  
・世界的な脱炭素の流れから、日本でも様々な取り組みがされており、各家庭でも使うエネルギーを減らす取り組みがされている
  
・一次エネルギー消費量とは、家で必ず必要な設備(冷暖房設備・給湯設備・換気設備・照明設備)や太陽光発電・家電など、年間で使うエネルギーを計算したもの
  
・地域や家の大きさなどで、基準となるエネルギー量が変わりますが、その基準に対して「どれくらいエコな家なのか」を推し量ります
  
・「光熱費の抑制」を目的にすると、一次エネルギー消費量を下げることがもっとも効果的であり、断熱性能だけを考えているのはナンセンス 
   

  

1.なぜ省エネが叫ばれているのか

昨今は自動車でも住宅でもエコが昔以上に、求められるようになっています。

理由はパリ協定を発端とし、世界共通の長期目標として平均気温の上昇を2℃目標の設定し、1.5℃に抑える努力を追求することが大命題になっています。

日本も例外ではなくCO2排出量を抑えて、地球温暖化の抑制を目的に住宅分野でも、今まで以上に省エネな住宅が推進されています

 

省エネな住宅が増えると、冷暖房などに必要以上にエネルギーを使わなくなり、日本全体で使うエネルギーを抑えることにつながります。

そのため、断熱性能が高い住宅・省エネな住宅に補助金まで出して、普及を進めていることがまず前提になっています。

 

2. 一次エネルギー消費量とは

出典:LIXIL・HP

そして本題のみなさんが気になっている、一次エネルギー消費量とは

  

答えは「年間で使うと想定されるエネルギー(電気やガスなど)を数値化したもの」です。

  

家には必ず生活する上で必要なライフラインがありますが、このライフラインを利用するために給湯器やコンロ、照明などが備わっています。

そういった生活上、必要な設備機器が、どれだけ省エネなタイプが採用されていて、「エネルギーをムダに使わなくても快適に過ごせる家」かどうか?の指標になってきます。

  

ただ、愛知県と北海道では気候条件も変わったり、家の大きさが変わったりすれば、そもそも使うエネルギーが変わってきますよね。

つづいては、「何を基準にエコかどうかを決めているの?」という話をしていきます。

  

2-1. 基準一次エネルギー消費量

どれだけエコなのか?という指標を出すためには、基準がなくては比較できません。

 

一次エネルギー消費量の計算では、例えばこのエアコンを使えばOK、このエアコンではNG、というものではなく、家全体で使うエネルギーをトータルで考えます。

そして、一次エネルギー消費量は、外皮と呼ばれる断熱性能に関わる部分(UA値など)や、建築地の気候や日射まで考慮されます。

同じ仕様・同じ大きさの家を愛知県と北海道で建てるのでは、普通に生活していて北海道の方が冬に使う暖房エネルギーが大きくなりますよね。

そのため、建築地や家の大きさも加味して、年間で使うエネルギー量の基準が各々の条件で変わってきます

  

この基準は、膨大なバックデータや実測値などから決まっており、条件を変えるとこの基準自体も変わってきます。

この基準となるものが「基準一次エネルギー消費量」と呼ばれ、新築しようとしている家がどれだけエネルギーを使うのか?は「設計一次エネルギー消費量」と呼ばれています。

 

3. ZEHなどで用いる指標

ZEHなどの補助金を受けようとすると、断熱性能に加えてこの一次エネルギー消費量の「削減率」を求められます。

  

上記で解説した「基準一次エネルギー消費量」に比べて、新築しようとしている家の「設計一次エネルギー消費量」が何%低いのか?が大事になってきます。

補助金の採択を受けない場合でも、普通に生活していて電気・ガスを必要以上に使わないことで光熱費を抑えることができます。

 

2022年は、電気代が高騰(特に燃料調整費が急激に高騰)しており、財布から出ていくお金を抑える意味でも、この一次エネルギー消費量が低い設計にすることは大事であると言えます。

  

3-1. 補助金を採択されるために必要な削減率

出典:GMEN PRESS

2022年では新築におけるもっとも採択しやすい補助金は、ZEH補助金(環境省)です。

 

この「ZEH」に適合するためには、基準一次エネルギー消費量から20%以上の削減が条件になっています。

2022年度の補助金の要綱では、各設備機器に細かい指定があるものは少ないですが、家全体で使うエネルギー量は基準に比べて8割以下にしないといけません。

 

ダイシンホームでの標準仕様では、高い省エネ性能があるエコキュートや、オールLED仕様などにより、よっぽどでなければZEHの基準を標準でクリアします。

 

4. 一次エネルギー消費量を下げることは「光熱費の抑制」に直結

断熱の記事では、単純に家の断熱性能を上げても、光熱費の抑制を目的としたときには限界がある、という話をしました。

同じ設備機器を使った同じ大きさの家で、UA値0.28(HEAT20・G3グレード)と、UA値0.6(ZEHグレード)の家では、UA値だけ見ると倍ぐらい違いますが、光熱費の削減額は月に1,300円程度でした。(愛知県での一条件に基づく試算)

 

ここで同じUA値で、一次エネルギー消費量に関わる設備機器をグレードアップしてみましょう。

 

作成:ダイシンホーム

こちらが試算結果ですが、結論的には4,264円の削減効果が出ました。

実は断熱を闇雲にあげるより、一次エネルギー消費量を減らした方が経済メリットが大きいことが、計算結果でも明白です。

 

4-1. おすすめな設備機器の組み合わせ

住宅において、年間で使うエネルギーのうち多くを占めるのが、「冷暖房設備」と「給湯設備」です。

どちらも電気を「熱」に変換する機器ですよね。

「熱」を創り出すことは、非常に多くのエネルギーを要するため、冷暖房機器と給湯機器に省エネな機器を導入すると、より光熱費に関わる部分を抑制することができます。

 

冷房・暖房機器:最新のエアコンの高級機種

(特にリビングはエネルギーを多く使うため、リビングは高いエアコンを入れた方がお得。※定格冷房エネルギー消費効率「い」~「ろ」がおすすめ)

 

給湯機器:エコキュート

(エコかどうか?の指標はJIS年間保温給湯効率を見ましょう。3.3以上あれば省エネ性能が高い製品です)

 

実はこの2つを導入すると、年間で使うエネルギーを大きく削減でき、補助金の採択に必要な条件もクリアしやすくなります。

  

4-2.太陽光発電や蓄電池は嘘情報に惑わされないように

光熱費を抑えていくうえで欠かせない設備が「太陽光発電システム」と「蓄電池」です。

  

最近は「売電単価が下がって、太陽光発電を付けても元が取れない」ということを聞くことがあると思いますが、明らかな間違いです。

  

太陽光発電は電気を発電して、自分の家で優先的に使って、もし余れば電力会社に売電します。

売電単価が高く、買電単価が値上がりしていなかった一昔前は、たくさん太陽光発電を付けて、余った電気をたくさんつくって儲ける、という考え方でした。

  

しかし、今は電力会社から買う買電単価が上がってきており、太陽光発電が付いていることで「高い電気を買わなくて済む効果」(=自家消費)があります

昔からこの効果はあったのですが、それ以上に売電単価が高過ぎたことや、電気代もそこまで高騰していなかったので、そこまで注目もされていませんでした。

そのため、太陽光発電をちゃんと理解していない方は、この効果の存在すら知らない方も多く、太陽光発電の売電単価が下がっているだけで、「付けてもムダ」という話もよく聞きます。

 

そのような話に惑わされず、客観的なデータやシミュレーションを基に判断しましょう。

  

5. まとめ

ダイシンホームでは、以上のようにお客様の建築前に、ライフサイクルコストまで考えたご提案が可能です。

 

新築はどういった目的で高断熱にするのか?光熱費の抑制?それとも、快適性の追求?

 

UA値などの数値だけを追っていると、本来の目的や新築で叶えたいことを見失いがちです。

 

太陽光発電を付帯したときの経済効果なども、新築設計時にご提案できますので、真のライフサイクルコストを考えて家づくりをしたい方は、ぜひダイシンホームへお気軽にご相談ください。

Recommendおすすめ記事